--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 05. 03  
この日は今回のメイン植魚滝へ。
新宮市からR168を走る。
道路沿いには桑の木滝や鼻白滝といった有名滝もあるが、せっかちなもので美味しいものは最初に食べたい。
おなか一杯になってから出されても美味しく感じないかもしれないじゃないですか(^^;)
県道44号を走り229号に入って30キロ弱で到着する予定だった。
ところが、少し走ったら崩土のため通行止めの看板。
仕方がないので44号に戻り、宝竜滝が最初の訪問地になった。
ちなみにここも入り口は通行止めだったが、ちょいとどかして滝近くまで車を入れた。

18085042_1932850526_162large.jpg

宝竜滝、落差51m。
実際は二段になっていてこの上に二の滝、54mがある。
実に整った滝でこれはこれでいいんだと思う。
勉強の出来そうな、学級委員みたいな滝。
そんな印象だった。

18085042_1932850523_19large.jpg

滝の近くに花なんかもあって、どこまで優等生なんだ。

この滝に行く手前の別沢には野乃滝がある。

18085042_1932850520_232large.jpg

写真で見るとなんでもない分岐瀑に見えるが、実際はとても気持ちのいい滝。
水量は少なかったみたいだが、そこが奥ゆかしく、まだ学校に馴れていない都会の香りがする美少女の転校生みたいな滝。
この写真からは伝わらないか…美少女転校生。
感想は個人差があるから許してね(^^)
それにしても、200m位の距離で、こんな滝が向かい合わせにあるなんて凄い!
通行止めで少し落ち込んでいたが、テンションアップ!!

来た道を引き返し、いざ今回のメインへ。
串本方面から県道229に入るまで100キロくらいあったのかな…覚えてない。
とにかく、ぐるっと回り込み大塔山登山道入り口まで向かう。
残り4キロ…「崩土のため通行止め」…
ここまで来て引き返すわけにはいかない。
巷はゴールデンウィーク。休み。
当然、工事も休み。
そーっと、そーっと、工事用道路を走り抜けました(^^)

18085042_1932850514_251small.jpg

両方向通行止めだから何年も登山者もいないのかもしれない。
最初は登山道らしきものがあったが、踏み跡も消え沢を歩くことに。

18085042_1932850512_111small.jpg

無数のオタマジャクシとイモリを避けながら、歩くこと30分ほどで左右に切り立った崖から大きな水の音が聞こえてくる!
期待に胸を膨らませ、もはや洞窟のようなゴルシュを抜けると…

18085042_1932850511_251large.jpg

植魚の滝。
とにかく水が綺麗。
おそらく年に何人も踏み入ることはないのだろう。
満足(^^)
次に少し戻って右側の支流にあるハリオの滝を目指す。
ここも植魚からそう離れていない。

18085042_1932850505_229large.jpg

最初は水も少なく、残念に思えた。

だけど、

18085042_1932850508_240large.jpg


18085042_1932850504_175large.jpg

黒と赤と緑。
ここだけ違う空間。
水量がどうのこうのではない。
滝と意識して見ていなくなる。
素晴らしい空間だ。
遠回りしてでも見に来た甲斐があった。
関東ではなかなか味わえない個性のある滝を一日で4本。
この辺りは病み付きになるな(^^)
宝竜滝で行き会ったアマチュアカメラマンのおっさんが、二の滝行く行き方を聞いてもいないのに教えてくれたり、宝竜滝の手前の沢にもたくさんの滝があると教えてくれた。
近くに住んでいたら、飽きないんだろうな。
さながら日光のような場所。
一週間くらい滞在してみたいものだ(^^)

その後は那智大滝に寄り、明日に備えてR169号を北上し、奈良に入る。
去年、道の崩落のため行けなかった迷滝・桶側の滝へリベンジ!
もっと居たいよ、紀伊半島…


スポンサーサイト
プロフィール

長佐驢馬

Author:長佐驢馬
人が嫌いなわけではありません。
それ以上に動物が好きなのかも。
それ以上に植物が好きなのかも。
それ以上に自然が好きなんです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。