--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 06. 07  
18085042_2080834298_216large.jpg

安達太良山麓、硫黄川にかかる滝。
沼尻スキー場の中を通り、観瀑台からの眺め。
近くで見上げてみたい滝だと思っていた。
それほど危険ではないが、ルンゼを急降下しなければならない。
それでも駐車してから30分ほどで到着する。


18085042_2080834287_26large.jpg

落差は30~40mくらいで滝だけをとるとそれほどでもないが、岩盤が秀逸。



18085042_2080834282_215large.jpg

異世界の空間に、しばらく寝転んでずっと見ていたい気になったが、ここは有毒ガスが発生するかもしれない地区。
40分くらいで引き返したが、とにかく流水と岩盤、周りの空間は素晴らしい滝でした。

滝評価 ★★★★+
滝マゾ度★★★
スポンサーサイト
2012. 08. 12  
磐梯スカイライン(有料道路)内の「浄土平レストハウス」から東吾妻山の登山道を歩き、稲荷神社を分岐に谷地平方面へ向かう途中から北へ戻るように大倉小滝への分岐がある。
現在はその分岐も見にくくなっているので、注意が必要。
片道3~4時間。

18085042_1735175104_60small.jpg

ここからが勝負のマゾ度が上がります。
踏み跡、マーキングがあるとはいえ、およそ200mの急降下は慎重にならざる負えない。
河原に降り立つと、左岸を歩いて5分くらいでこの姿が現れる。

18085042_1735175084_8large.jpg


18085042_1735175072_201large.jpg


18085042_1735175066_53large.jpg

大倉小滝、落差58m。
それほど直瀑は萌えないが、なんとも気持ち良い光景!
右岸の緑からは潜流瀑が流れ落ち、名脇役を演じている。
この日はほとんど睡眠をとらずに来たので、目の前で30分ほど寝てしまったが、水の音で起きてしまった。
もう少し静かで心地よい音を奏でてくれると申し分がないのだが・・・贅沢だ(笑)

滝評価 ★★★★★
滝マゾ度★★★★+
プロフィール

長佐驢馬

Author:長佐驢馬
人が嫌いなわけではありません。
それ以上に動物が好きなのかも。
それ以上に植物が好きなのかも。
それ以上に自然が好きなんです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。