--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 06. 28  
6月28日。足尾市、中倉山(標高1539m)。
足尾銅山による煙害の爪痕が残る中倉山の尾根上に、今もなお賢明に生き続ける一本のブナがある。
通称「孤高のブナ」。
銅の精錬過程によって出た亜硫酸ガスによってこの辺り周辺の山は異様な雰囲気がある。

IMG_1744.jpg


IMG_1716.jpg

IMG_1742.jpg
植林事業が盛んに行われてはいるが、元の状態に戻るには長い年月が必要なのだろう。

IMG_1746.jpg


IMG_1741.jpg

銅親水公園を通り抜け、水道管を通している橋を渡り、左手の微かな踏み跡を辿る。
しばらくは林道歩き。
右手に明瞭な登山道入り口を発見し、登り始める。
1500mクラスの低山だが、平均勾配は30度以上あり、尾根に出るまで急登が続く。
ミズナラの原生林が出てくると稜線も近い。

IMG_1719.jpg

稜線に出て間もなく中倉山の頂きに着く。
だが、今回は登山というより「孤高のブナ」に会いに来たのだ。


IMG_1757.jpg

見えた。

IMG_1735.jpg


IMG_1758.jpg

亜硫酸ガスの煙害に耐え、100年以上生き長らえた「孤高のブナ」。
樹齢300年以上になるみなかみ町の「ブナ太郎」も珍しいと思ったが、林などで、人間でいえば言い方は悪いが群れて生きている。
だが、「群れるのは嫌いだ!」といったところで、ただの「偏屈」と言われてしまう。

1対1でしばらく対峙する。

相手にしてくれそうもない。

まだまだ「孤高」の称号は貰えそうもない。
ただの「偏屈」だとでも言いたげだ。

また来年も来る。

そう思わずにはいられなかった。
IMG_1728.jpg










スポンサーサイト
2015. 06. 07  
IMG_1638.jpg
久しぶりの更新。
去年の記事や今年の氷瀑巡りなどは後々気まぐれに書いていきます。
何せPCの使い方がイマイチ分からず、苦労している。

IMG_1629.jpg

ミニブタに出迎えられ、出発。
大きくなるんだろうな、ミニブタ(笑)

IMG_1630.jpg


IMG_1643.jpg

前掛山の途中から見える第一外輪山。
左から黑斑山、蛇骨岳、仙人岳。
ここは高峰高原から夏と冬に縦走している。
思えば軽井沢の石尊山、冬山など近くから浅間山を眺めていたが、直接登ろうとは何故か思いつかなかった。

IMG_1635.jpg

IMG_1646.jpg

荒野のような風景が火山活動の山だというのがわかる。
この辺りは地熱で座ると暖かい。
寝ころぶと、自然の岩盤浴^^


IMG_1640.jpg

前掛山を越えて浅間山の火口まで行こうとしたが、今日は日曜日。
登山客も多く、真剣な眼差しで止められる。
最近のニュースでは火山活動が活発化しているらしい。
機を逸したか…
それでも、浅間山は好きだ。
妙義山の次に日本で二番目に好きな山。
んっ、富士山は??
富士山は人混みする「観光地」で山とは認識していません(笑)

IMG_1623.jpg

IMG_1622.jpg

可憐な「白山イチゲ」がいっぱい咲いていた。
火口へ行くことはできなかったが、この花を見ることが出来ただけでも良しとしよう。






2014. 10. 11  
翌日に蔵王の滝へ9名を案内するという、自分にとって慣れない事をすることになり、人馴れするために人気の山へ出向く。
四阿山へ。
菅平高原に車を停め、歩くこと2時間ちょっと。
18085042_2112449560_83large[1]
最初は白樺林の中を進んでいくが、とにかく開けた場所なので、振り返ればなんとも景色の良い風景がいつでも見ることが出来る。

18085042_2112449551_3large[1]
ご覧のように、山頂は人が多かった。
普段、滝へいく時はほとんど人に会わない。
だが、振り返れば見晴らしの良いこの山は里山と考えれば、2000m級とはいえ安心して登れる山だ。

18085042_2112449547_242large[1]
根子岳へと続く笹原も綺麗だ。

18085042_2112449545_200large[1]
振り返れば四阿山。

18085042_2112449540_9large[1]

18085042_2112449534_228large[1]
根子岳山頂。
あまりの気持ち良さに寝てしまった。
山はいいな。
ずっとここに居たい気分だが、明日があるのでそうもいかない。

2014. 09. 27  
表妙義縦走路は岩稜帯が連続し、こぶ岩・鷹戻し・奥の院の鎖場等で多数の死亡・重傷等遭難が繰り返し起こっている。

山と高原地図では難路の登山道(初級・中級・上級の分類の中で分類外の最上級に分類)として記載されていて、妙義山登山まっぷでは上級登山道、国土地理院の地図には登山道として記載されていない。

その通過の難しさは、北アルプスの大キレットや剱岳の比ではない。

とくに、他の山系と異なり、岩の性質上スタンス(足がかり)が乏しく、鎖を全力で握り腕力で身体を引き上げることを強いられる箇所や、ヤセ尾根で両側がともに100m以上切れ落ちているような危険箇所がしばしば現れ、腕の力が尽きたり、ほんの一度躓いたりしただけで、命を落とす最悪の帰結につながる。
「妙義山 ウキィペディアより」

18085042_2109456380_155large[1]

18085042_2109456378_188large[1]

18085042_2109456376_163large[1]
去年のやり残し、裏妙義へ行ってきた。

18085042_2109456373_231large[1]
これでとりあえずは表の縦走と合わせて、やっと妙義山を登ったことになった。
まだ、入山禁止の山は残っているが、裏表の妙義山を制覇。
北アルプスの大キレットは経験したことがあるので、まぁ、比ではないことは確かかも(笑)

18085042_2109456361_167large[1]
よく思うのだが、こういったのを作った人って凄いと思う。
アルミのハシゴにキャットウォークを貼り付けてあるので、歩くと揺れる。
猫のようにそーっと歩け!という洒落た仕掛けか?(笑)

18085042_2109456359_7large[1]
後半はキャットウォークもなくなり、そーっと歩くのに慣れたかな?という挑戦か?(笑)

表は垂直の場所にある鎖場やバラ尾根のアップダウンが緊張感を誘ったが、裏は垂直に切り立った場所にあるトラバースが特徴的だった。
ただ、丁須ノ頭から三方境までの尾根歩きはなかなか楽しかった^^

国民宿舎から丁須ノ頭経由で谷急山へ行くには7時間以上かかる。
麻苧の滝の方から行こうとしたが、登山道崩落のため立ち入り禁止になっていたので、国民宿舎へまた戻り、時間をロス。
行くことが出来なかった^^;
まぁ、また行く機会が出来たので良しとしよう!
金鶏山もあるしね^^

今日、久しぶりに登山靴を買った。
今のは軽いね^^
本格的に山、やりたくなった。
もちろん、人のあまりいない、景色のいいとこ探します♪
2013. 01. 06  
プロフィール

長佐驢馬

Author:長佐驢馬
人が嫌いなわけではありません。
それ以上に動物が好きなのかも。
それ以上に植物が好きなのかも。
それ以上に自然が好きなんです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。