--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 10. 13  
新ルート開拓。

昔ほどの体力もなくなり、ようやく気持ちと体のバランスが取れてきて無謀なことは避けるようになってきた今日この頃。
ちょうど同世代の一人滝巡りをしている人物から連絡があった。
http://http://rotosouten1219.blog.fc2.com/blog-entry-16.html(参照)
「岩屋谷、行きたいのはやまやまなんだけど、みんなが行っているこんな長い道のりではどうも行く気にならない。驢さん、これどう思う?ダメもとで試してみませんか?」
『岩屋谷大滝極秘登山ルート申請書』
仰々しいタイトルのメールの内容は、降下地点まで行くのに考えられる限りの最短ルート。
高低差は考えず、2キロ弱。
面白い…
「どうだろう…無茶な気もするけどなぁ」
だが、これを面白いと思った時点で自分は行く気になっていた。
普段は二人とも単独行動なので失敗もするが、それを糧にしてきたつもり。
お互いが体と気持ちの不一致にくすぶり気味だったのだが、焼け木杭には火がついた感覚だ。
ただ、これを確かなものにしたい・・・

そうして今回のルートで岩屋谷へ臨むことにした。
new.jpg
登山道までの大まかな行程はこういった感じ。
不動七重滝を過ぎ、右手に水晶沢が見えた所に2台くらい停車できるスペースがある。
そこに車を停め、前鬼川の渡渉ポイントを探る。
前方に対岸へ渡れる吊り橋があるが、落ちそうで心もとない。
結局、少し戻った所に落石注意の標識があり、ここからガードレールをまたいで入渓する。
少々勾配はあるが、ワイヤーの残骸をロープ変わりにして降り立った。
IMG_5176.jpg

IMG_5124.jpg

降り立った前鬼川のなんと綺麗なことか。
これだけでも心が高揚してくる。

IMG_5174.jpg

水晶沢もなかなかの美しさ。
歩いているだけでも楽しい気分。
IMG_5125.jpg

ミニ大塚の滝(笑)
IMG_5126.jpg

出だしのこれだけでも正規ルートよりは楽しい。
距離にして500mくらいの遡行の後、河原が広くなる。
そして右手には明らかなガレた枯れ沢が現れる。
最初のうちはごつごつとした岩を登っていけばよいが、次第にザレて勾配もきつくなってくる。
それでも木々に捕まりながら登る。
これも500m前後の行程。
尾根が近づき、空が見えるのが待ち遠しい。
おじさんたちはさすがに休み休み。
IMG_5127.jpg

そして、尾根にたどり着くと進行方向はうっすらとした踏み跡のようなものがあるように思えた。
何度か見かけるワイヤーの残骸。
九十九折のような踏み跡。
そのうち尾根歩きも終盤になると勾配がきつくなる。
だが、若い木々が助けてくれる。
ここも距離にして500mほど。
シャクナゲが増えてきたら、もうすぐ登山道。
正規ルートの急登から単調な尾根歩きよりは、沢歩きあり、ガレ登りあり、尾根歩きありで、いずれも500mくらいの行程なので、おじさん達でももう一息と乗り越えられる。
IMG_5173.jpg

IMG_5129.jpg

IMG_5130.jpg

登山道に出たら降下地点までは200mほど。
マーキングを確認し、ザックを下す。
6時半に出発して9時前には着いた。
時間的にも体力的にも余裕があったので、行きにくいとされる雌滝から攻めることにした。
降下を開始してみると親切にもマーキングがしてある。
順調に雄滝へと行くためのルンゼの前までやってきた。
それから右に下るようにしてトラバースしていき、大きく開けた岩棚の手前まで行く。
だが、この岩棚は降りられそうもない。
そこで左を見ると雄滝へ行くために横切るルンゼが見えるので、平行移動するように近づいていくと簡単に降りられそうな場所を発見し、そのまま導かれるように降り立った。
あとは下るだけ。
IMG_5138.jpg

ドラマチックにも徐々に近づいてくるので、ドキドキ感で前だけを見て歩いているとコケた。
このあたりが心と体の不一致である。
気を付けなければ…
IMG_5142.jpg

裏を回り、正面へ。
IMG_5156.jpg

岩屋谷雌滝、落差70m。
ベールに包まれたかのような流れはもちろん秀逸ではあるが、周りを囲む強固な岩盤がなんといっても圧倒的。
飛沫が舞い飛び、濡れない場所がない。

IMG_5208.jpg

充分飛沫を堪能した後は雄滝へ。
横切るルンぜの前まで戻り行くのだが、小尾根を登る所が難所といえばここが一番の難所のように思えた。
5mほどの足場の怪しい所をまず自分が登り、お助けロープを垂らす。
あとは岩屋?を横切りもう一つの小尾根をまたいでいく。
あとは前ばかり見ていないで、踊る心も押し殺しながら進んでいけば・・・
岩屋谷雄滝、落差130m。
でかい・・・
IMG_5183.jpg

そして美しい。
水が、上部のほうで岩にぶつかり末広がりに落ちてくる。
この大きさでなかなか見ることが出来ない滝姿だ。
IMG_5194.jpg

礼儀正しい端正な分岐瀑。
IMG_5185.jpg

その真面目さを壊してやりたいくらい憎いやつ。
いやいや、自分の手には負えないだろう。
IMG_5171.jpg

正直、それほどの期待はしていなかった。
元来、大きな滝は嫌いとは言わないが、それほど興味がない。
それでも行程が面白そうだと行ったりもするが、ここは大きさも行程も対象外に位置する滝だった。
だけど、来て良かった。
期待と不安と入り混じった心躍る滝巡りとなった。
IMG_5180.jpg


滝評価 ★★★★★
滝マゾ度★★★




スポンサーサイト
2014. 05. 04  
18085042_2072315886_102large.jpg


18085042_2072315882_34large.jpg


18085042_2072315885_74large.jpg


18085042_2072315880_168large.jpg

川上村にある、奈良では珍しい裏見の滝。落差50m。
水量は少なかったようだが、そのはかなさもまた良い。

滝評価  ★★★
滝マゾ度 ★★★★
2013. 05. 04  
今年の〆は去年のリベンジ、迷滝です!

18085042_1932850472_8large.jpg


18085042_1932850451_143large.jpg

18085042_1932850463_205large.jpg

水量は少なく見えるけど、落差80mとでかいので、問題なく気持ちの良い笑みのこぼれる滝でした(^^)
ヒウラ谷の出合いに車を止め、廃道になった林道を終点まで歩いていけば、見えてきます。
途中の崩土や枝沢を横切るところは気を付けなければいけないが、高低差もそれほどなく、1時間ほどで滝下まで行けます(^^)
ちょっと岐阜の嶽谷滝に似ている所もあるけど、規模はこちらのほうが上か!?

18085042_1932850461_196large.jpg


18085042_1933182419_201large.jpg

行く前から分かっていたけど、あとは天気が気になっていたけど、雲一つない青空(^^)
OK!です!!
やっぱり分岐瀑は好きだ。
滝好きな人でも好みはそれぞれ違うと思うが、自分の条件は水の音が心地良く、「読書の出来る空間」「飯が美味しく食える空間」が良い滝の条件です。
もちろん両方クリアの滝。
近くに住んでいたら水量を気にしながら何度も訪問したい滝だ。

18085042_1932850448_110large.jpg

帰りに愛車が待っている。
赤い車にして良かったかな。
目立つし、ホッとした(^^;)
今回の走行距離は2100キロ以上だった。
狭くカーブの多い道、落石をどかす場面もあり、ジムニーのほうがいいのだが、燃費に問題がある。
熱望!ハイブリットジムニー!!

滝評価 ★★★★
滝マゾ度★★
2013. 05. 04  
う~む。
どのレポをみても泳いだ記録がない…

最終日。
まずは、奈良県五条市のある桶側の滝を目指す。
去年に引き続き県道235号は未だ全面通行止めなので、宮の滝方面の道を利用。
篠原線の林道を行くが、七面山方面の林道は通行止め。
だが、工事予定の立て看板を見ると5月末で工事が終わることになっていたので、バリケードを自己責任でちょっとずらし、地獄谷方面へ車を走らせる。
リベンジに燃えてます。

18085042_1932850491_8small.jpg

林道の終点まで行き、最初から沢歩き。
巨岩ゴロゴロだけど、天気も良く、水は綺麗でまずまず楽しい沢歩き。
ここは鉄砲水が来ると逃げ場のない渓谷らしいので、念のためエスケープ場所を確認しながら進む。
だが、福島の阿武隈川源流ほど切り立ってはいない。
そんなに苦労はしないかな、と思っていたが、

18085042_1932850490_78large.jpg

アメ止めの滝が見えてきてから、ちょいとあたふたする。
これは左岸から巻けたけど、

18085042_1932850486_209large.jpg

ここは巻けそうもなく、緑色の濃い水の中を行くしかなかった。
胸まで水が来る。
慌てたら、足がつかなくなり、しょうがなく少し泳いだ(^^;)
なかなか冷たかったです(>_<)
これをクリアすると、

18085042_1936402763_42large.jpg

桶側の滝が見えてくる。

18085042_1936402765_43large.jpg

落差は20m位だろうか。
それほど大きな滝ではないが、勢いのある水流。

18085042_1936402759_236large.jpg

落ち口が隠れていて見えない。

18085042_1936402757_69large.jpg

右側には大きな空洞がある。
そして、落ちた水は写真右側のほうから流れてくる。

18085042_1936402762_45large.jpg

青い。
静かな流れ。
勢いのある滝の水が、最後は静寂な青い水と変わる。
あの隠れた岩で何が起こっているのだろうと、不思議な感覚。
異形の滝と形容するにはあまりにも野暮ったい。
迷滝が控えていたので、泳ぐんなら引き返そうかとも考えたが、来て良かった(^^)
今回の滝巡りで一番のマゾ度になりました(笑)
さて、締めくくりは迷滝!
良いに決まってる(^^)

滝評価 ★★★
滝マゾ度★★★
2012. 04. 29  
プロフィール

長佐驢馬

Author:長佐驢馬
人が嫌いなわけではありません。
それ以上に動物が好きなのかも。
それ以上に植物が好きなのかも。
それ以上に自然が好きなんです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。