--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 01. 11  
IMG_2641.jpg

昨年の11月、この時期に行くことは考えていなかったが、滝仲間を案内するために訪問した。
薄化粧に虹をまとった前川本谷大滝。
深緑の頃とは違った美しさ。
この姿を見た時に、頭の中は氷瀑の姿…
果たしてどんな衣をまとってくれるだろうか。

IMG_3027.jpg

Mt.乗鞍スキーリゾートの駐車場に車を停める。
今年は雪が少なく、スキー客は皆無だ。
だが、ここから三本滝レストハウス向かう県道84号は冬季閉鎖道路。
スノーシューを使うでもなく、前川林道まで歩いて行けた。

IMG_3028.jpg

謎の物体!?
何かの見張りか!?

IMG_3029.jpg

途中までは東京大学の施設があり、うっすらとトレースが残っており、比較的歩きやすかったが、雪はかなり深くなる。
スノーシューの出番だ。

IMG_3030.jpg

天気も良く、誰も踏み入られていない道を歩くのは、小さな破壊行為をしているみたいで、これまた小さなストレス発散になる。

IMG_3035.jpg

入渓地点には雪の花。
ここまで2時間弱。
まだ余裕。
スノーシューのまま橋を降り、入渓。
だが、何とも歩きずらい。
途中、スノーシューをデポし、アイゼンで先を進むが、さすがは人の入っていない場所。
時には胸あたりまで雪に埋もれ、体力を消耗させられる。
たまに思う遭難のシュチュエーション。
心地良いふわふわとした感覚。
M心をくすぐってくれる(笑)

IMG_3046.jpg

入渓してから3時間半。
しばらく口を開けながらニヤケている自分は容易に想像出来る。

乗鞍の白ワシが出迎えてくれた!

体力の消耗も伴い、思考能力は現実のものとはかけ離れたか。
その雄々しい姿にひれ伏したくなる。
いや、疲れているだけか…
雪のない時期であれば入渓して40分もあれば出会えるが、冬だからこそ出会える厳しい自然の姿を求めて、会いに行くたくなる。


IMG_3047.jpg

冬の前川本谷大滝。
カッコいい…

IMG_3044.jpg

カレー色のつららに合わせて注ぐ。


真冬の常布にも苦労したが、やはり来て良かった。
「孤高の佇まい」…憧れるなぁ。

滝評価 ★★★★★
滝マゾ度★★★★
スポンサーサイト
2014. 11. 01  
前川本谷下流、一ノ瀬キャンプ場の方にある白樺橋を降り、遡行。

18085042_2087964288_180large[1]

DSC03990.jpg



奥まった所にあり、あたりは薄暗く、それでもたまに差す光で神秘的な雰囲気。
予想以上に大きく、いい意味で期待を裏切られた滝だ。

18085042_2087964286_22large[1]


滝評価 ★★★
滝マゾ度★★
2014. 11. 01  
18085042_2087964301_227large[1]

18085042_2087964296_192large[1]

18085042_2087964295_117large[1]

18085042_2087964297_177large[1]
乗鞍ある滝百選、三本滝の上流にある。
嬉しくなるほど、流れが美しい。

滝評価 ★★★
滝マゾ度★
2014. 07. 06  
18085042_2087964302_176large[1]

滝評価 ★★★★
滝マゾ度★
2014. 05. 06  
18085042_2072676043_169large.jpg


18085042_2072677071_45large.jpg


18085042_2072676042_5large.jpg

木曽町にある滝。
こもれびの滝から5分。
潜流瀑なのだが、前日の雨のおかげで直瀑が出現していた。
朝日を浴びて嬉しくなるような姿を見せてくれた。

滝評価  ★★★★
滝マゾ度 ★
プロフィール

長佐驢馬

Author:長佐驢馬
人が嫌いなわけではありません。
それ以上に動物が好きなのかも。
それ以上に植物が好きなのかも。
それ以上に自然が好きなんです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。