--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 03. 04  
2年前、滝トークイベントに参加した時、秘瀑ツアーなるのもがあった。
当時の自分は遊歩道のある滝にしか行っていなかった。
普段は行くことの出来ない滝へ行く秘瀑ツアー。
リンクさせてもらっている「TVチャンピオン滝通選手権出場者によるブログ」のしゃけさん、BALさん、もりもとさんに連れて行ってもらう企画だった。
候補は「北精進ヶ滝」「三条の滝」「常布の滝」「早戸大滝」、そして「庵滝」だった。
ツアー地は北精進ヶ滝に決まったが、それまでに落選した滝たちを回ってしまおうと思った。
そして最初に選んだのが庵滝。
奥日光にあり、案内はない。
18085042_16597842_159large.jpg
数十頭の鹿に逢い、一人で行くことにちょっとした恐怖感を覚えた場所。

18085042_16597839_181large.jpg
道の無い滝を行くのってこんなに不安なものなのか…

18085042_16597831_95large.jpg
初めて沢靴を試した場所。

2011.6.5庵滝 087
そして…
初めて快感を覚えた場所。
庵滝。
落差は20mほどではあるが、裏見の滝でもあり、360度何処からでも滝が見られる空間はとても気持ちがいい。
道中に覚えた恐怖心が嘘のように一人でこの滝を見ていることが快感に変わっていた。


2012.庵氷瀑 1
今年の3月に行った氷瀑の姿。
冬はバスの運行がないために赤沼茶屋付近に車を停め、スノーシューとアイゼンで2時間ほど。
2012.庵氷瀑 2
最近はすっかり有名になり、氷瀑の頃も人が多く、時期をずらして行ってみた。
真ん中あたりの氷が解け始めており、水が流れている。
その水の音がまた心地良い。
氷の姿、水の音、両方楽しめて得した気分になった。
おそらく来年も行くだろう。
それくらい気持ちのいい氷瀑になった。


滝評価  ★★★(氷瀑★★★★)
滝マゾ指数★★★

スポンサーサイト
プロフィール

長佐驢馬

Author:長佐驢馬
人が嫌いなわけではありません。
それ以上に動物が好きなのかも。
それ以上に植物が好きなのかも。
それ以上に自然が好きなんです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。