--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 10. 21  
18085042_1806088929_228large.jpg
紅葉の名所、那須岳登山口の駐車場。
朝6時。
混むのは予想していたので、早くに到着したつもりだったが、これほどとは思わなかった。
18085042_1806088903_205large.jpg
風は強かったが、晴れた空が絶好の滝日和だ。

18085042_1806088904_120large.jpg
滝巡りはもちろん楽しいのだが、最近は山への興味も増してきた。
そんな中、今回の目的の滝は山へも登れ、滝巡りもできる一石二鳥、一挙両得なお出掛けである。

18085042_1806088901_86large.jpg
滝に到達した時はもちろん嬉しい。
ただそれだけではなく、道中の景色が気持良いと一層嬉しくなる。
18085042_1806088899_219large.jpg
那須岳登山口から峰の茶屋跡~三斗温泉方面、途中滝への分かりにくいマーキングを頼りに行くが、迷ってしまった。
諦めて帰ろうとした時にネイチャーガイドさんらしい人に出逢った。
運よく案内してもらい、無事到着。
18085042_1806088882_137large.jpg
心の中でホッと胸を撫で下ろしていると、滝壺には有名な滝ヤさんのMATSUさんとBALさんがいるではないか!
いつもは滝を見上げて興奮するがまず先に、目の前の光景に興奮した。
MATSUさんとは今年2回目の偶然。
BALさんとは去年の滝トークイベント以来になる。

18085042_1806088893_222large.jpg


18085042_1806088889_93large.jpg


そう言えば今年も滝トークイベントがあるみたいだ。
6回目を迎えるそうだが、このイベントに参加してから自分の滝巡りのスタイルが確立されたといっても過言ではない。


滝評価  ★★★★
滝マゾ指数★★★
スポンサーサイト
2012. 10. 15  
2012. 10. 15  
2012. 10. 15  
2012. 10. 07  
標高1100mのいわゆる低山の部類に入る妙義山。
誰が言ったか、
「妙義に入るなら、槍や穂高で練習してから来い!」と。
昭文社「山と高原地図 西上州」に添えられているルート案内では、「鷹戻し」や「相馬岳」といった主要な縦走ルートは「最上級」と記載されている。
「山と高原地図」の難易度って「上級」「中級」「初級」でしか分類されていない。
しかし、これはまぎれも無い事実。
そう、剣岳や穂高にヒケを取らない岩稜&鎖場が幻の「最上級」として存在している。
それが、あこがれの妙義山である。

18085042_1793405815_135large.jpg

新しい相棒たち。
縦走するのはいいけど、帰りに苦慮した。
山を下りてから車までは7.5キロはある。
そこで中之嶽駐車場に車を停め、このために購入した6段ギアの折り畳み自転車で妙義神社へ向かうことにした。
カレンダーとは逆コース。
中之嶽からのほうが標高が高いからそのほうが楽(^^)
「うおおおっ~!!」
誰もいない早朝、九十九折りの道を、四十を過ぎたおっさんが雄たけびを挙げながら自転車をこぐ(笑)
面白い(^^)

20分ほどで妙義神社に到着し、出発。
朝方の雨で登山者は少なそう。
中間道を行く人はいても、縦走する人は見当たらない。
あこがれの妙義山を独り占め出来る!?
テンションは上がる。
18085042_1793405796_175large.jpg

大の字からはいよいよ核心に。
滝登りはしたことがあるけど、岩登りはしたことがない…
楽しみだ(^^)
出発地点で標高が500m以上はあったが、見ての通りの地形で急登りがあったと思ったら、下ったり、普通の登山とは違う。

18085042_1793405724_54large.jpg
相馬岳山頂。標高1104m。
ここまで3時間弱。
さほどの疲れもなく、気分は上々。
軽く食事をとったり休んでいると、下から中年の男性が現れた。
「こんにちは!いや~、滑る滑る…」
照れ笑いとも苦笑いとも取れる笑顔でこちらに話しかけてくる。
自分と同じ年くらいかそれより上。
独り占めは無理か…
「凄い所ですね。私は遅いので、どうぞ先へ行ってください」
照れ笑いで話す。
尾根は狭く、当然二人で歩くことは出来ないので先へ行く。
それからというものの、写真を撮っていたり、休んでいると必ず追い付いてくる。
「いや~、まだ岩は乾かないですね。滑る滑る。私は遅いですからどうぞ先に行ってください…」
出逢うといつも決まり文句のように苦笑いで言うが、必ず後に付いてくる。
情けないふりをしているだけで、もしかしたら只者ではないのではないか…
印象としては出世はしないが、リストラにもあわない感じのサラリーマン。
こうなりゃ、モデルになってもらうのもいいかな…
鎖場や急こう配は写真で伝わりにくい。
「ゆっくり行ったほうがいいですよ。危ないですから、鎖場の手前では息を整えてから行きましょう」
鎖場の前になると必ず、おっさんを待ってみた。
18085042_1793405695_203large.jpg
鷹戻しの最後の鎖場。
およそ60mの鎖場。
鎖が岩場に隠れている所もあり、ここで多くの事故が起きている場所。
眼下は切り立った岩が見える。
手を放したら終わりだな。
マゾというよりは諦めに近い気持ちにさせてくれた(^^;)
「いや~、怖かった。自分には無理だな…」
登っておいていつもの苦笑いで言う、おっさん。
面白いキャラだ。

18085042_1793405676_128large.jpg
最難関の鷹戻しを終えると気も楽になり、中之岳に到着。
ここまで距離を置きながらもおっさんとほぼ一緒の道中となった。
おっさん以外の人には会わなかったから、縦走は自分とおっさん…二匹のおっさんが今日の妙義山の稜線を制したことになる。
何とも面白いじゃないか。


18085042_1793405684_123large.jpg

最後の下り。
ここが思ったより怖かった。
降りている時に、独り言のように自分を勇気づけながら声を出すおっさん。
あまり人と行こうとは思わなかったが、憎めない(笑)
あとは中之嶽神社まで降りるだけになり、時間も早かったから滝に行こうと考えながら歩いていたので、ここでおっさんとお別れ。
あえて名前を聞かなかったが、どこかで会うことがあればまた楽しいかもしれない(^^)
道中は、滑る、ダメだ、怖いと言っていながら、かなりいろんな山を歩いているみたいだった。

車に戻り、自転車を回収に行こうと走らせていたら、メモ書きをしながらおっさんが歩いている!
車を停め、
「歩いて妙義神社まで行くんですか?」
「はい。1時間くらいだと聞いてますから」
「8キロ近くありますよ!1時間じゃ行かないですよ!乗りますか!?」
「ああ、ありがたい」
即答で答える、何ともいえない苦虫笑顔。
やはり、出世はしないが、リストラにも合わなさそうだな(笑)
頑張れ!おっさん。


18085042_1793405659_227large.jpg

麻苧の滝。
やはり水量が多かった。
いつもの岩場で寝そべりながら、眺める。
気持ちいい。
心の洗濯。
滝巡りを始めた頃、教えてもらった滝。
大好きな滝だ。
改めて充実感を感じていると、


18085042_1793405648_76large.jpg

おっさん!?
思わず、苦笑い。
おっさん、最後まで憎めないな(^^)


プロフィール

長佐驢馬

Author:長佐驢馬
人が嫌いなわけではありません。
それ以上に動物が好きなのかも。
それ以上に植物が好きなのかも。
それ以上に自然が好きなんです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。